コンタクトBC、DIAの関係とコンタクト度数

コンタクトBC、DIAの関係とコンタクト度数

コンタクトBC、DIAの関係とコンタクト度数

 

コンタクトレンズを今まで使っていなかったメーカーに変える場合、
または同じメーカーでも別の商品に帰る場合は、
度数だけでなく、コンタクトBCとDIAに注意しなければいけません。

 

BCとはレンズのカーブ度合いを示す数値で、DIAとはレンズの直径を示す数値です。
例えばBCがおなじでも、DIAが違うとつけ心地は変わってきます。

 

BCが同じ9.0だとしても、レンズ直径(DIA)が大きくなると、
レンズ自体も緩く感じるようになります。

 

ですから、新しく変えるレンズで一度も検査を受けていないのであれば、
一度眼科へ行き、診察をすることが望ましいです。

 

コンタクトレンズはネットのほうが安いので、最初に処方箋だけ出してもらえれば、
あとはネットで購入できますし、処方箋不要の通販店で買えば、今後も診察費は必要ありません。

 

たとえ、コンタクト度数が変わっていなくても、新しいコンタクトレンズに変更する際は、
コンタクトBC、DIAが合っているサイズを合わせるために診察に行きましょう。

 

コンタクトレンズ自体の購入はこちらで紹介している通販店が安いです。

 

コンタクトレンズ激安通販店を紹介! | 度数(PWR/D)とBC(ベースカーブ)の見方