コンタクトレンズは眼科で度数やBCの検査をしてから買おう!

初めてのコンタクトレンズ購入であっても処方箋なしでレンズを購入することが可能です。
ですが、コンタクトレンズは眼科で度数やBCの検査をしてから買うようにしましょう。
目の健康のためです。

 

コンタクトレンズの購入方法については、眼科医による診断の上、眼科での購入、またはドラッグストアでの購入が主でした。
最近では、ネットでの通信販売があります。
この通信販売の特徴は安いことや、各サイトによってそれぞれ個性のある販売を行っていることなどがあります。
そして、その個性のある販売という意味で、「処方箋なしでのコンタクトレンズの販売」というものがあげられるでしょう。
もちろん、通信販売してるサイトが全て、「処方箋なしでのコンタクトレンズの販売」をしているわけではありません。
しかし、これを大きな特徴として売り出しているサイト様がたくさん見受けられるというのも確固たる事実でしょう。
コンタクトレンズの購入に処方箋が必要という法的根拠は存在しません。
ゆえに、通信販売でコンタクトレンズを処方箋なしで販売することは何も問題のあることではないのです。
ドラッグストアなどにおいては、レンズの購入の際に、以前購入したパッケージなどが求められることもあるのですが、ネットによる通信販売においてはほぼ確実に不要と言い切ってもいいでしょう。
とはいえ、健康のためには、コンタクトレンズ購入の前に、眼科での診察を受けたり、定期健診を受けることをおすすめします。
理由としては、コンタクトレンズの使用が目に不可をかけてしまうことや、そもそも目にあわないコンタクトレンズの購入を避けることができるからです。
それと、コンタクトレンズは色々な種類がありますが、その選択もかなり重要なので、眼科医に相談するなども有効な手段といえるはずです。
手入れをする時間がなかったり、そもそも手入れが苦手な方は使い捨てコンタクトレンズであったり、ソフトコンタクトレンズをおすすめします。
視力がかなり悪い場合はハードコンタクトレンズでなければならないなどの制約もあります。