コンタクトレンズの正しい外し方

コンタクトレンズを正しく外そう!

コンタクトレンズの正しい外し方とはどのような手順なのでしょうか。
その説明の前に注意していただきたいことがあります。

 

コンタクトレンズを外す前に・・・

まず始めに、コンタクトレンズを外す前に爪が伸びていないことを確認してください。
なぜなら、先ほど説明したように、爪で眼球を傷つけてしまう恐れがあるからです。
もしも爪が伸びているようであれば、爪はは短く切っておいていただきたいと思います。

 

次に、石鹸を使って手を洗い、充分にすすいでください。
その後で、タオルでよく水気をふき取っていただきたいと思います。
もし、指などに石鹸の泡が残っていたりすると、目を傷つけるだけでなく、コンタクトレンズの劣化を招く恐れがあるそうなのです。

 

コンタクトレンズの外し方

外し方としては、最初に上目づかいで目を開いてください。
そうすることで、通常よりも目を大きく開くことができるので、コンタクトレンズを外しやすくなるそうです。

 

次に、利き手の親指と人差し指の腹同士をくっつけてVの字をつくります。
そのままコンタクトレンズを軽く挟むようにし、コンタクトレンズを下方向にずらしながら外していきます。

 

この方法が眼球に触れることなく、コンタクトレンズを外す方法なのだそうです。
今まで自己流で行っていた方は、眼科医の先生に教えていただいても良いのかなと思います。

 

意外と知らない正しいコンタクトレンズの外し方

みなさんはコンタクトレンズの正しい外し方をご存じでしょうか。
私はコンタクトレンズを初めて使用したのが海外でしたので、きちんとした取り外し方を教わっていませんでした。
ですので、インターネットを通じて取り外し方を見様見真似で行っていました。
しかし、この方法は間違いだったと調べていて気がつきました。
なぜなら、自己流でコンタクトレンズを外すと、爪やコンタクトレンズで角膜を傷つけてしまう恐れがあるそうなのです。
正しい外し方を知ることは、つまりは目の傷つきを防ぐことにも繋がります。
目の傷つきを防ぐことで、目の病気への予防策にもなりますし、視力の低下も防ぐことができます。