コンタクトレンズ BC 度数

コンタクトレンズ BCとは?

コンタクトレンズ BCとは?

コンタクトレンズのBCとは、ベースカーブ(Bace Curve)の略で、レンズの球面角度のことです。
BCの値が大きくなるほど、レンズカーブが緩くなり、値が小さくなるほど、カーブが急になっていきます。

 

コンタクトレンズのBCが大きすぎるとレンズがずれやすく、小さすぎるとレンズが動きやすくなります。
適切なBC(レンズカーブ)を選択することで、コンタクトレンズの安定性や装用感が良好になります。

 

また、値が小さすぎるコンタクトレンズを選ぶと目の病気にもなりやすいので、注意が必要です。
コンタクトレンズを選ぶ際は、レンズ度数だけでなく、BCにも気をつけて選択するようにしましょう。

 

また、ソフトコンタクトレンズは、水分を含んでいるため、レンズ自体が動いてくれるので、
ベースカーブの違いによる装用間の違いは、あまりありません。
そのため、市販されているソフトコンタクトレンズのBCは、1種類から2種類程度となっています。

 

反面、ハードコンタクトレンズは、BCが細かく設定されていますので、
必ず医師の診察を受けた上で適切なベースカーブを選ぶ必要があります。

 

コンタクトレンズ激安通販店を紹介! | 度数(PWR/D)とBC(ベースカーブ)の見方