コンタクトレンズ度数(PWR/D/SPH) BC(ベースカーブ) DIAの見方

コンタクト レンズデータの見方

コンタクトレンズの度数(PWR/D/SPH)とBC(ベースカーブ)、DIAを確認しよう!

コンタクトレンズには、レンズ度数を示す(PWR/D/SPH)と、
レンズの湾曲の度合いを示すBC(ベースカーブ)、レンズの直径を示すDIAがあります。

 

それらのレンズデータのなかで、コンタクトレンズをネット通販で購入する際に、
必要な数値は、レンズ度数(PWR/D/SPH)とBC(ベースカーブ)の2つ
です。

 

DIAは殆どの場合、1種類しかないため購入時に選択する必要はありません。

 

レンズ度数(PWR/D/SPH)とBC(ベースカーブ)の2つがわかっていれば、
処方箋不要の格安通販店で、コンタクトレンズを購入できます。

 

どちらも、手持ちのコンタクトレンズの箱や、個別ケースに書いてありますので、処方箋不要の通販を利用する際は確認しましょう。
※処方箋不要のおすすめのコンタクトレンズ激安通販店は、下記にて紹介していますので併せてチェックしてみてください。

 

1.コンタクト度数(PWR/D/SPH)

コンタクト度数(PWR/D/SPH)

コンタクト度数とは、レンズの強さ(パワー)を示す数値です。
レンズ度数は、

  • D (ディオプトリー)
  • PWR (パワー)
  • SPH (Spherical power)

などと表記されています。

 

また、コンタクトメーカーによっては、
D/PWR/SPHなどの表記が無く数値のみの場合もあります。

 

2.コンタクトBC(ベースカーブ)

コンタクトBC(ベースカーブ)

コンタクトBCとは、レンズの湾曲度合いを示す数値です。

 

コンタクト BCは、コンタクトレンズケースに、『BC』と表記されています。
もしくは『Bace Curve』と記載されている場合もあります。
コンタクトカーブ、BCカーブ、レンズカーブと呼ばれることもあります。
数値が大きくなるほど、レンズの湾曲度合いが緩やかになります。

 

使い捨てのソフトコンタクトレンズによっては、
1種類のBCしか発売していない場合もありますが、
ソフトレンズは柔らかい素材なので、問題なくフィットする場合がほとんどです。

 

3.コンタクトDIA

コンタクトDIA

コンタクト DIAとは「Diameter」、レンズの直径のことです。

 

DIAの単位はmmで表記されています。

 

つまりDIAの数値が大きくなれば、
その分だけレンズが大きいということです。

 

ソフトコンタクトレンズはほとんどの場合、
DIAが1種類しかありませんので、
注文の際に選択する必要はありません。

 

4.CY/CYL・AX/AXIS(乱視用)、ADD(遠近両用)
乱視用コンタクトはCY/CYL(円柱度数)、AX/AXIS(乱視軸)、遠近両用コンタクトはADD(手元補正用の加入度数)のレンズデータもあわせて必要です。

レンズ度数とBCを確認し正しく注文しよう!

コンタクト通販を利用する際は、レンズ度数とBC(ベースカーブ)の2つをしっかりと確認し、正しく注文することが大切です。

 

コンタクトレンズの、DIA(レンズ直径)は、あらかじめ決まっていますので選択する必要はありません。
ですから、ネット通販でコンタクトレンズを購入する際に必要なデータはレンズ度数と、BCのみということになります。

 

コンタクトレンズ,度数,PWR,D,BC,ベースカーブ,見方,DIA     コンタクトレンズ,度数,PWR,D,BC,ベースカーブ,見方,DIA     コンタクトレンズ,度数,PWR,D,BC,ベースカーブ,見方,DIA

処方箋不要の【激安】ネット通販でコンタクトレンズを購入しよう!

自分自身の使っているコンタクトレンズのレンズ度数と、BCさえ確認できれば、
処方箋不要の激安ネット通販で、コンタクトレンズをお得に購入することができます。

 

ネット通販では、実店舗でコンタクトレンズを買うよりも1箱1000円以上安いなんて当たり前!
処方箋不要のネット通販のなかでも価格が激安のおすすめ通販店をまとめました。

おすすめの処方箋不要のコンタクトレンズ激安通販店

おすすめ ショップ 送料 国内・海外 処方箋 通販サイトへ
★★★★★

アットスタイル
アットスタイル

無料 国内正規品 不要 おすすめ!

アットスタイル

 

以上が、処方箋不要で購入できる激安通販店です。(2位以下は価格差があるため現在は載せていません)
特に一番おすすめのアットスタイルは、価格が安いのはもちろんのこととして、
送料無料のコンタクトレンズも多く、配送も早いのでおすすめです。

 

コンタクトのBC(レンズカーブ)と、度数さえわかれば、このような激安のネット通販で自分自身で購入することができます。
実店舗で買うよりもお得な価格で買えて、さらに診察代も必要ないのでおすすめですよ。
コンタクトのレンズカーブ(BC)と、レンズ度数は、間違えないように注文しましょう!

 

※その他のコンタクトレンズ処方箋不要おすすめ通販
→コンタクトレンズ購入処方箋なし

 

コンタクトレンズの度数(PWR/D)とBC(ベースカーブ)の見方と確認方法はわかりましたか?

コンタクトレンズをネット通販で購入する場合、レンズ度数とBCさえわかれば、処方箋不要のコンタクトレンズ通販で
医師の診察なしでも気軽に購入することができます。
しかし、度数とBC(ベースカーブ)というレンズデータに関しては、自分自身で確認しなければいけません。
当サイトにて通販でコンタクトレンズを購入する際のレンズデータ(度数とBC)の確認方法をまとめましたので
しっかりとレンズデータを確認し、間違いのないようにコンタクトレンズを注文しましょう。
以下、コンタクトレンズのレンズ度数とBCについて詳細説明です。

コンタクト度数(PWR/D)とは?

レンズ度数については、あまり説明は不要かもしれませんね。いわゆるレンズの強さのことです。
コンタクトレンズでは、D(ディオプトリー)、PWR(パワー)と表記されていることが多いです。
近視の場合は、マイナス記号で、-0.50〜-12.00などと表記されています。
遠視の場合は、プラス記号で、+0.50〜+5.00などと表記されています。
コンタクトレンズのメーカーによっては、D、PWRなどといった文字がなく、
数値のみが記載されている場合もありますので注意して確認しましょう。

コンタクトBC(ベースカーブ)とは?

コンタクトレンズのBC(ベースカーブ)とは、レンズの湾曲の度合い(の球面角度)を示す数値になります。
ネット通販でコンタクトレンズを注文する際は、レンズ度数だけでなく、
コンタクトBCも確認し、間違いのないように注文する必要があります。
処方されたBCと同じ物を購入するようにしましょう。
同じBCでも、メーカーや商品によって、合う合わないは変わってきますので、
はじめて購入するコンタクトレンズの場合は、医師の診察を受け、レンズ度数とあわせてBCを確認するようにしましょう。

乱視用コンタクト・遠近両用コンタクトのレンズデータ

乱視用コンタクトレンズの場合は、乱視度数(CY/CYL/AX)、遠近両用コンタクトレンズは、手元補正用の数値(ADD)も確認する必要があります。

コンタクトCYL

乱視用コンタクトレンズのCYLとは、Cylinder(乱視度数)のことです。CYと表示されることもあります。
乱視度数は0〜±10などと表示されていて数値が増えるほど乱視度数が強くなります。

コンタクトAX

乱視コンタクトのAX、またはAXISとは、乱視の軸角度のことです。乱視の方向を修正する数値です。

コンタクトADD

遠近両用コンタクトのADDとは、手元補正用の数値で、コンタクトケースのPWRの隣に記載されていることが多いです。
※PWR -2.50 (+1.00)などと記載されています。(アキュビューの場合はD表示です。)

 

<当サイトについて>
コンタクトレンズをネット通販で購入する際に、コンタクト度数(PWR/D/SPH)と、コンタクトBC(ベースカーブ)、DIAの見方が分からずに購入を躊躇してしまうのは、非常に勿体無いことです。通販はコンタクトレンズが店舗以上に安く購入できます。当サイトでは、度数(PWR/D/SPH)とBC(ベースカーブ)、DIAなどのレンズデータの見方・調べ方をわかりやすくまとめています。乱視用コンタクトに必要なレンズデータであるCY/CYL・AX/AXIS、遠近両用コンタクトに必要なレンズデータであるADDについてもまとめています。ネット通販でコンタクトレンズを購入する際の参考にしてください。また、通販の中でも特に激安&処方箋不要の、おすすめのコンタクトレンズ通販店も紹介していますので併せてご確認ください。